古民具・古道具の手入れ

3月の店舗営業日は一つ下の記事をご覧ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


これは実に様々な好みと意見があり悩ましいのです。

まず「通(つう)」と称する人がっこぞって口にするのは

“初出し状態が一番”

つまりオリジナル製が最も大事であり、古民家の蔵や納屋から
出てきたままの状態(初出し)に尽きるというい事です。


一方で使い勝手を重視する“実用派”には

「きれいに手入れされていて、すぐに安心して使える」

事がポイント。

とくに女性は絶対的に使い勝手重視。


当店ではまず、隅々まで清掃&洗浄。
壊れた部分を問題なく使用出来るように補修。

洗いによって味わいが落ちてしまう場合は柿渋や
オイルフィニッシュ等、時代観を損なわない程度の
塗装をしております。

ですから、決して“通向き”とは言えないのですが
“実用派”には大変ご好評を頂いております。


自称 “通” の人と “実用派” の割合を比較すると
当店の経験からは断然“実用派”が多いと感じます。

もちろんやり過ぎはダメですが、商品はある程度
綺麗に手入れした方が絶対売れます。

したがって当店のポリシーはいつも
『安くて 綺麗で 使える 古民具古道具』でしょうか。


店舗や骨董市でたまに

「これ、ニスとか塗っちゃってるんスか~?」 (○´・Д・`)ノ

と(恐らく軽い気持ちで)訊かれる事があります。

それ程オリジナリティに拘っているのなら田舎の倉庫に行って
ホコリと蜘蛛の巣とネズミのフンにまみれた品物を
自分で買取って来てそのまま使ったら?

と言いたくなるのを抑える事もしばしば・・・(-∀-)
sidetitleプロフィールsidetitle

アンティーク ひよこ堂

Author:アンティーク ひよこ堂
埼玉/東京/神奈川/千葉/茨城/群馬/栃木 関東近郊 骨董品買取 古美術 古民具 古道具 アンティークの買取は出張見積無料、誠実査定のひよこ堂へ お引越し・解体・リフォーム・遺品整理の際,眠っていた骨董品や古道具を次世代へ引継ぎませんか?お気軽に御相談下さい!詳しくは下記リンクよりHPへ。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle